このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

ヤフーSEO対策

日本国内最大のアクセス数を誇るヤフーの検索エンジンでは、ヤフーの検索エンジンを制する事がホームページの売上アップに繋がるのです。

 

ヤフーSEO対策について

ヤフーSEO対策にはサイト内のテーマを統一性が重要視されます。
例えば、SEO対策に関するサイトであれば、ほとんどのページがSEOに関するページになっていおり、タイトルやメタタグなどもちろん統一されており、hタグやstrongタグを使用している場合はSEO対策のキーワードなどを統一していることが重要です。
ページから発するリンクにSEO対策に関係のないものがあれば、それは有効なリンクではありません。
SEO対策に関するリンクをページから発することにより、キーワードに対する重みや関連付けが強くなるのです。
被リンクも重要なポイントであり、同一テーマのサイトより、最適化をしているキーワードが同一のサイトのリンク方が非常に有効であります。
Yahooの検索結果に置いて、上位に表示されるサイトで同一キーワードの対策をしているページからリンクを得る方が重要になってきます。
サイト内からの発リンクと他のサイトからの被リンクに統一性があることによって、キーワードに対する重要なサイトとしてYahooの検索エンジンから高く評価してもらえるのです。
ヤフーにはディレクトリ登録というものがあり、通称ヤフーカテゴリーなのですが、ここに載っていた場合もプラスになり、検索結果びの順位付けに置いて有効になります。
ヤフーカテゴリに登録し、ヤフージャパンの検索結果に上位表示されるのです。
ヤフーSEO対策に置いて、カテゴリー登録サイトからのリンクなども効果があり、最近はヤフーカテゴリーに登録しているサイトが上位にランクされる様になっています。
ヤフーから直接リンクを受けているカテゴリー登録サイトは比較的他のサイトよりも、信頼の置ける重要なサイトと認識されているのです。
信頼の置ける重要なサイトは当然、検索結果でも上位にランクし易くなっており、カテゴリー登録サイトから多くのリンクを得る事によって、ヤフーへの信頼度が上がると言うことになるのです。
当然同様のカテゴリー登録サイトでもテーマが全く異なるサイトより、テーマが同じのサイトからリンクを得た方が効果があるということは言うまでもありません。
ヤフーカテゴリーのリンクが直接URLにリンクする様に変更されたので、より一層のSEO対策の効果が期待できるものになったのです。

 

ヤフー SEO対策のまとめ

ヤフーだけでなく、ロボット型検索エンジンは独自のコンテンツを高く評価するのです。
SEO対策するキーワードをテキスト文章でサイト内に出現させる際に、少し気を使ってあげると効果があります。
オリジナリティのある文章は間違い無く評価されるので、同じキーワードでも前後の文章を考えて作成すると良いでしょう。

 

ヤフー SEO対策のまとめ

・キーワードに対するサイトの統一性
・キーワードに対するテキスト文章の配置
・発リンクの関連性
・被リンクの関連性
・被リンクの数
最近のヤフーは新しいホームページをインデックスするのが遅くなってきているので、上位に表示するには相当なSEO対策が問われると思います。

 

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想