このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

SEO対策スパムとは

SEO対策スパムとは、SEO対策のテクニックを悪用して検索エンジンを騙したり、ユーザーに何の利益も無いサイトを作ったりすることで、SEO対策を利用して検索エンジンを騙す方法は色々あるのですが、検索エンジンはSEO対策のスパムを排除することに力をいれており、今はそのテクニックが通用しても、いつかはスパムとばれてしまい、検索エンジンから除外されるので時間の問題だと思います。

 

ダメなSEO対策:クローキング

クローキングとは検索エンジンの管理者と訪問者に別々のページを見せるテクニックです。
一般のユーザーが訪れたときは、見た目の良いフラッシュや画像を多用した綺麗なページを表示しているのですが、管理者が訪れたときは、テキスト主体のSEOに最適化されたページを見せるのです。
見た目には、なんでこんなページが上位に表示されているのか?と不思議に思うページは多分クローキングによってSEO対策スパムを行っていると思われるので怪しいです。
じゃあ、どうやって管理者とユーザーを区別しているのかと言うとIPアドレスやUser-Agentなどのブラウザの情報で区別しているのです。
検索エンジン毎に管理者のIPがあるので、各検索エンジン別に最適化されたページを表示させる事も可能なのです。

 

ダメなSEO対策:見えない文字

フォントタグやCSSなどを使用してテキストの文字の大きさを人の目では見えないぐらい小さくして、見た目が線や模様などに見える文字です。
キーワードなどを羅列しても明らかなスパム行為として判断されます。

 

ダメなSEO対策:<noframe>タグ

<noframe>タグを利用して見えないキーワードを埋め込め、見た目は何も表示されていなく、フレームを利用していないページなどに<noframe>があった場合、スパムだと判断されます。
<noframe>タグは本来フレームを利用したサイトにフレーム表示が対応していないブラウザを利用してアクセスしてきた時に文字を入れておく、タグなのです。
ほとんどのブラウザはフレーム対応にしているので、そういったブラウザの場合は<noframe>タグ内の文字が見えません。
しかし、検索エンジンなどはちゃんと読み込んで検索を行うのでキーワードを入れるとスパムになるのです。

 

ダメなSEO対策:<noscript>タグ

<noscript>タグを使用して、見えないキーワードを埋め込んだらSEOスパムと判断、<noframe>タグと同様の原理です。
サイトのページ内にJavaScriptを使っていないのに<noscript>タグを使うとスパムと判断されます。
JavaScriptを使用しているサイトのページなら問題ないのですが、無料でアクセス解析やアクセスランキングなどをレンタルしているウェブサイトの多くが行っているテクニックなのです。
上記の<noframe>同様、JavaScriptを使っているページで使用することは何も問題ありません。

 

ダメなSEO対策:CSSのスパム

CSSを使ってテキスト文字を画面の外に表示させるテクニックがあり、人の目に見えなくSEO対策のためのキーワードテキストなのでスパムと判定されてもおかしくありません。

 

ダメなSEO対策:metaタグのスパム

メタタグを使用したSEO対策のスパムで、下記のように同じメタタグを繰り返し使用して大量のキーワードを入れ、<body>タグ内に一度も使われていないキーワードやウェブページの内容とは関係の無いキーワードを入れるとスパムと判定されます。
<meta name="description" content="サイトの説明" /> <meta name="keywords" content="あああああ,いいいいい,うううう,キーワード" /> <meta name="description" content="サイトの説明" /> <meta name="keywords" content="あああああ,いいいいい,うううう,キーワード" />

 

ダメなSEO対策:リンクテーブル

リンクテーブルを作り、テーブル内にリンクを貼ってもユーザーからしたら、意味の無いものになります。
そういったリンクテーブルはサーチエンジンからしたらSEO対策のためのリンクだとすぐに分かり、スパムと判定されます。

 

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想