このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

SEO対策:サイトマップ作成

「サイトマップ」というのはサイト全体を表す見取り図のような意味なのです。
一般的に検索エンジンはトップページからリンクを通して、各ページを記憶しているのですが、階層が深すぎたり、ディレクトリ構成が複雑だった場合、十分に覚えてないことがあるのです。
そこで検索エンジンにサイト内全てのURLと更新頻度、重要度などを記述したサイトマップを読み込んでもらいます。
ここで注意しないといけないのが、サイトマップの古いタイプと新しいタイプがあることです。
古いタイプのサイトマップはGoogleが先に取り入れた形式で、Yahooやmsnなど読んでくれないのですが、サイトマップの評判が良かったことから検索エンジン側にもメリットが大きいことがわかり、Yahooやmsnなども利用するようになったのです。
そこで3社合同で次世代サイトマップの規格ができ、次世代サイトマップを置くだけで3社のインデックス精度が飛躍的に高まります。

 

サイトマップ登録

Googleのサイトマップは有名なので調べればすぐわかると思いますが、YSTはアメリカの英語ページでしかサイトマップを登録することができないので、まずYahoo.comにアクセスしてアカウントを取って、ログインします。
英語版なのでちょっと難しいのですが、ログインしたらURLを記入し「add my site」を押してAuthenticateをクリックします。

次に特殊なファイルをトップ階層にアップする方法か、又はトップページのmetaタグに1行追加する方法のどちらかを選ぶようにします。
不安な方は両方しても良いと思われますが、オススメはファイルをアップする方がよく、余計なmetaタグを記述するのはあまり気持ち良いものではありません。
ファイルをダウンロードして、トップ階層にアップしたら「Ready to Authenticate」を押し、成功したらMySiteにアドレスが追加されていると思います。
これらの作業を通して、サイトを編集する権限を持っているのがアカウント主なので関係者であるということがYahoo側が確認することができるのです。
確認が取れ、MySiteにURLが追加されたら、その横にある「Manage」を押すと登録されているURLの右側にファイル名を記入する欄と「Add Feed」というボタンがあるので、そこに「sitemap.xml」を記入して、addするようにしましょう。
rss10.xmlやrss20.xml、atom.xmlなどのファイルがあればついでに登録するようにしましょう。
これで完成なので、あとは1週間〜2週間ぐらいでインデックスしてくれ、少し遅れて日本のYSTもインデックスしてくれます。

 

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想