このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

SEO対策キーワード出現率と回数

検索エンジンなどでキーワードを上位に表示させるということはYSTのSEO対策において重要なことです。
ヤフーは外部からのリンクよりもサイト内部の方を重要視していると言われていので、自然にキーワードを入れて何度も書く必要があります。
最適なパーセンテージは全体の5%、6%などいろいろと推測されています。
上位に表示されているサイトを調べてみると大体5%くらいが丁度良い感じだと思います。
多いのは3%〜6%の間で、6%以上だとちょっと危険な感じがします サイトのトップ以外のページは3%ぐらいにした方が良いとも言われております。
全てのページでキーワードを何回も使用しているのは不自然なのでそれぐらいが良いと思います。
サイトのトップで5%、その他のページで3%で作成するのは結構難しいみたいです。
キーワードを意識的に何回も使用したとしても4%とか良くあることなので、5%を出すには意識しないと難しい数字だと思います。
トップ以外のページで3%にするのも相当難しく、かと言って、無理に%を上げるとすごく歪な文章になってしまいます。

キーワード出現位置

インターネットユーザーはまずページの左上を見るので、検索エンジンなども左上にある記述には高いポイントになるのです。
そして、左上に現れる文字はbodyタグ開始直後なので、bodyタグ開始直後にキーワードを置くと高い得点を得ることができるのです。
自分が作成したサイトを見てみると、body直下に意味不明なタグが並んでいると思います。
tableやjavascriptなどがあり、普通は見栄え最優先で作られていることが多いので、キーワードが後になっていることが多いでしょう。
それに余計なタグが多すぎるので、文法的な間違いも発生します。
body直下にガンガンキーワードを埋め込むことで、上位表示をするようにしましょう。

 

3つの対策

ホームページを作成しているなら3つのSEO対策をすると検索エンジンの上位に表示されるかもしれません。
1つは文法的に正しく、デザインとSEO対策を両立する技術を勉強し、いろんな本を読んで、色々試しながら少しずつノウハウを蓄積してきましょう。
2つ目は本物のプロを見つけて依頼します。
3つ目は本物のプロが作成したものを自分で応用して作成していくことです。
ネットで「SEO対策 テンプレート」などと検索したらいっぱいサイトが出てくるので、その中から本物のプロが作成したものを探して信頼するようにしましょう。

 

Googleのページランク

Googleの表示順を決める要素にページランクという言葉が頻繁に登場します。
これは、Googleが表示順を決定するアルゴリズムの中で優れている点の一つですが、Googleは世界中のサイトを日々解析して、各サイトにランク付けをし、そのランクを基に表示順位を決定しています。
但し、ページランクだけで表示順を決めているのでは無いので、その点は留意して下さい。
自分のサイトのページランクが今いくつなのかは、Googleのツールバーを設置すると見ることが出来ます。

 

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想