このサイトはSEO対策に関するサイトです。

SEO対策タイトル

SEO対策ホームページ

SEO対策のホームページを作成する場合、CSSを使わないで普通のHTMタグを使用したページでも上位を狙え、初心者でもホームページ作成ソフトなどを使用してできるのがSEO対策です。

SEO対策:独自ドメイン

ホームページを作成するときに分かれるのが無料のホームページスペースを利用するか、独自ドメインのレンタルサーバーの契約をするかに分かれると思います。
SEO対策としてはどちらでも良く、それ程影響はありません。
無料のホームページスペースだと広告が強制的に表示されるので、独自ドメインの場合はURLを独自に設定することができるのでURLを覚えることができ易いというメリットがあります。
それに訪問するユーザーからしたら安心感もあり、無料のホームページだといつ閉鎖するのかわからないという可能性があります。
独自ドメインだと、CGIやphpなどのコンテンツを使用することができるのもメリットの一つだと思います。

 

SEO対策:キーワードの選択

ホームページを作成するときに最初考えないといけないものがあり、それが上位に表示させるキーワードになります。
キーワードには単一キーワードと複数キーワードの2つの種類があり、広い意味での単一キーワードを使用して、上位表示を狙うのはとても難しいと思います。
また、キーワードを選ぶときにキーワードアドバイスツールを使用すると、上位表示を狙うときのキーワードを見つけることができるのです。
キーワードアドバイスツールの場合、検索エンジンなどでよく使用される組み合わせものやフレーズなどを探すことができます。

 

SEO対策:タイトルタグ

タイトルタグの場合、サイトの一番重要なキーワードを入れておくようにします。
悪い例)株式会社○○○ 上記のようなタイトルの場合、会社名しかないので良くありません。
有名な会社なら会社名だけで良いのですが、有名ではない場合が多いと思うので、タイトルには上位表示になるようなキーワードを入れましょう。
良い例)ダイエット 通販の株式会社○○○ 良い例の場合だと、ダイエットというキーワードとダイエット 通販といったキーワードから検索エンジンで上位に表示される可能性が高くなります。
タイトルには左から順番に重要なキーワードを入れていった方が一番良いでしょう。
タイトルがあまりにも長い場合、検索結果で省略されるので、キーワードの重要性が分散してしまいます。
各ページごとにページの内容に合ったタイトルを付けた方が良いでしょう。

 

SEO対策:METAタグ(メタタグ)

メタタグもちゃんとキーワードを含めていき、メタタグ生成ツールなどもあるので便利です。
最低限必要なメタタグは、<meta name="description" content="ホームページの魅力などの紹介文章にキーワードを交ぜて書くこと">、<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">の2つのメタタグを入れるようにします。
キーワードはサイトのそのままのキーワードを指すので、本文で使用する内容からキーワードを左から順番に置いていきます。
キーワードは半角カンマで区切り、あまり長くても効果がないので10個ぐらいにしましょう。
descriptionは検索した結果のサイトの説明文になるので重要です。
このdescriptionの内容があなたのサイトの宣伝広告となるので、この文章の内容によってクリックする確立が変わってきます。
ユーザーが求めてる検索に対して、クリックしたくなる文章を書くようにしましょう。
紹介文章に上位に表示させたいキーワードを左から順番に重要なキーワードを入れていきます。
キーワードをあまりに意識しすぎて文章がおかしくならないように注意し、あまり長いと省略されるので全角で40文字ぐらいが良いでしょう。

 

SEO対策:<h>

<h>はタイトルタグの次に重要なタグで、見出しタグといわれています。
<h>は本来の使い方としては、文章の見出しなどに使用するタグなので、重要なキーワードが含まれてくると思うのでSEO対策などで重要です。
特に<h1>はページの見出しになるので、タイトルタグに入れたキーワードと同じキーワードをいれることによって、さらに関連性の高いキーワードが期待できるのです。
h1〜h3を続けて並べると不自然なので、スパムになる可能性があるので、そういったタグの使用方法は止しましょう。
hタグは1〜6まであり、hタグをそのまま使用すると文字の大きさがデカクなってしまうので、fontタグなどでサイズを調整します。
hタグを使用するときに囲む範囲が長い文章だと、見出しタグとしての効果がなくなってしまいます。
それにh1タグはサイトに1つしか使用することができませんが、h2〜h6までなら複数使用しても大丈夫です。

 

SEO対策:<strong>

<strong>は文字を強調する場合に使用します。
<b>も<strong>と同じ効果があるのですが、SEO対策上strongタグの方が効果があるとされています。
<strong>強調したいキーワードなどに使用し、キーワードではなく、強調したい文字などがあった場合はBタグを使用します。

 

ulタグ、olタグ

ulとolタグは文章を箇条書きなどにする場合に使用します。
このul、olタグに含まれているキーワードなども検索エンジンは重視されるのでサイトのメニューなどに使用するのが一番良いと思われます。
キーワードを含め易くなります。
ホームページ作成ソフトなら標準の機能であると思います。

ホームページを作成するときに検索エンジンに最適化させることも重要になってくるのですが、訪問者にとって優しいホームページを作った方がが一番重要だと思います。
SEO対策で上位表示されても、ホームページが見にくかったり、重たかったりするとユーザーがホームページを閉じてしまうので、サイト内のコンテンツを充実させて、ユーザーにメリットがあるサイトを作るようにしましょう。
ユーザーがそのサイトの情報を見て、使えると思ったら自然にリンクしてくれるようになります。
h1タグの有無によって、検索順位が大きく変わることはありませんが、ホームページを最適化して検索エンジンに合わせることによって少しでも上位いいけたら良いと思います。

 

このサイトはリンクフリーです。

ご意見・ご感想